トップページ > 活動内容 > 研究助成事業

活動内容

宮城県女医会研究助成事業の概要

宮城県女医会 山本 蒔子

 平成2年7月に開催された定時総会において、宮城県女医会の事業として、女性医師への研究助成制度を開始することが決められた。宮城県女医会として、初めての対外的な事業の始まりである。日本女医会ではすでに研究助成制度を昭和56年(1981年)より開始している。平成2年まで会長であった長池博子先生のお勧めで、私が実際の仕事を担当することになった。さっそく、趣旨を文にし応募要項を作成した。
  私は昭和45年に東北大学医学部大学院を修了して以来、平成元年まで東北大学第二内科教室に在籍し、研究、診療および教育に携わった。当時、東北大学医学部においては、女性医師が研究を続けていても、ポストを得ることは難しかった。女性医師が育児及び家庭責任を負い、患者を診療しつつ研究を継続することは、時間的にも体力的にも、男性の何倍も頑張らなければならない状況であった。そのような立場の女性医師を、宮城県女医会が研究助成の面で応援することは、どんなにか励みになるかと思われた。
 その後、私が日本女医会理事を務めることになったことから、担当は渡部光子会員に引き継がれている。発足当初の推薦者は宮城県女医会会員としたが、その後は、広く公募することになり、現在は所属している教室の教授や病院長が推薦者なっている。最近は応募者が多いために面接を実施している。面接してみると、どの方もとても熱心に仕事をされていて、新しい研究について教えられるところが多く、また、彼女達のひたむきさが伝わってきて、みなさんに研究助成をしたいと思ってしまうほどである。平成20年度は、宮城県女医会創立50周年を記念して、5名の先生に助成金を差し上げた。
一覧表に示したように、平成3年から平成22年までの間に、20回の助成金の授与が行われ、42名の女性医師に研究助成をすることが出来た。宮城県女医会例会は奇数月に開催し、例会出席会員からは年会費とは別に例会費を頂くことにしており、これが研究助成金の財源となっている。
  研究助成金を差し上げる時には、宮城県女医会の活動に参加して頂くようにお願いし、そのことが後に続く後輩のためになるとお話をしている。研究助成金を差し上げた先生たちには、研究成果を必ず例会で発表して頂いている。例会で若い先生の研究に触れることは、女医会会員にとって大変刺激的である。
 研究助成を受けられた先生方が、次世代の宮城県女医会を背負って活躍されることを願っている。

宮城県女医会研究助成金授与者名と研究課題一覧

第二十六回(平成28年)

55.石橋 ますみ
「大規模siRNAスクリーニングを用いた卵巣がんのシスプラチン耐性を克服する治療戦戦略」

(東北大学産婦人科)

56. 盛 彬子

「胆道がんにおけるFBXW7と気質タンパク質発現と臨床病理学的予後との関連」

(東北大学大学院医学系研究科 消化器外科学分野)

第二十五回(平成27年)

51. 檜森 紀子
「酸化ストレスからアプローチした緑内障神経保護治療の可能性」

(東北大学眼科)

52. 志賀 尚美

「新規チップ型受精卵呼吸量測定装置の有用性の検定」

(東北大学病院産婦人科)

53. 戸田 法子
「中心静脈カテーテルの至適留置長の検討」

(東北大学病院麻酔科)

54. 佐藤 志保

「T2 Relaxometryによる非萎縮性海馬のてんかん原性検出」

(東北大学病院放射線科)

第二十四回(平成26年)

48.奥山 純子
「東日本大震災を体験した高校生のレジリエンスに関する研究」

(宮城県立精神医療センター)

49.面高 宗子

「緑内障における画像を用いた早期診断、判定、早期治療への試み」

(東北大学大学院医学系研究科 神経感覚器病態学講座 眼科学分野)

50.佐藤 悠子

「レセプト情報を用いた終末期がん医療の質評価方法の確立」

(東北大学大学院医学系研究科 臨床腫瘍学分野)

第二十三回(平成25年)

46.川名 暁子
「冠攣縮狭心症における性差の意義―冠攣縮研究会における検討―」

(東北労災病院循環器内科)

47.本橋 ほづみ

「がんの悪性化における転写因子Nrf2の役割の解明」

(東北大学大学院医学系研究科・ラジオアイソトープセンター准教授)

第二十二回(平成24年)

44.山本 沙織
「膠原病性肺動脈性肺高血圧症に対する免疫抑制療法の有効性」

(東北大学循環器内科)

45.内田 奈生

「Muse細胞による腎臓の再生医療に向けた基礎的研究」

(東北大学大学院医学系研究科 細胞組織学分野・小児病態学分野)

第二十一回(平成23年)

43.貫和 奈央
「モンゴルにおける地域でのインフルエンザ伝播に関する研究」

(東北大学大学院医学系研究科 微生物学分野)

第二十回(平成22年)

41.峯岸 直子 「血液細胞産生を制御する転写調節機構」

(宮城大学看護学部 教授)

42.秋山 聖子

「標準化学療法実施のための地域がん化学療法診療連携
システムの構築」

(東北大学病院がんセンター 助教)

第十九回(平成21年)

38.工藤 千枝子

「新規合成クルクミン誘導体化合物を用いた
新しいがん薬物療法の開発」

(東北大学加齢医学研究所癌化学療法分野)

39.中目 亜矢子
「Rasによるがん化における転写因子Bach1の機能解析」

(東北大学大学院医学系研究科生物化学分野耳鼻咽喉・頭頸部外科)

40.及川 美奈子 「頚動脈MRIを用いた動脈硬化プラークの描出」

(東北大学病院循環器内科 助教)

第十八回(平成20年)

33.菅野 潤子 
「日本人骨形成不全症患者における遺伝的背景の解明および、
ビスフォスフォネートの治療効果との関連の検討」

(東北大学医学部 小児病態学)

34.菅野 敦子 
「ラット肩関節の不動化による肩関節拘縮モデルの確立

 ―ヒトのfrozen shoulder syndrome の解明」 

(東北大学 整形外科)

35.生澤 史江 
「糖尿病治療を目的とした外科手術の確立

 ―ileal transpositionの有用性についての検討―」 

(東北大学 胃腸外科 特任助手)

36.鴇田 藍

「位相差トラッキング法を用いた早期動脈硬化に対する
薬剤治療効果の判定」

(東北大学大学院分子代謝病態学分野)

37.松本 葉子 「神経新生の日内リズムと精神疾患に関する研究」

(東北大学医学部医学系研究科形態形成解析分野)

第十七回(平成19年)

31.大森 芳 
「高齢者の抑うつが介護・医療費用に与える影響に関する研究」

(東北大学大学院医学系研究科社会医学講座
公衆衛生学分野JTS研究員)

32.仲村 三千代

「低栄養妊娠マウスモデルを用いた
胎児プログラミング分子機序の解析」

(東北大学医学部 産婦人科)

第十六回(平成18年)

28.山田 実名美

「成人血液悪性腫瘍に対する同種造血幹細胞移植成績の向上に向けて―臍帯血移植を中心に」 

(東北大学病院 血液免疫科)

29.福與 なおみ

「宮城県における子育て中の女性医師の労働環境整備に関する研究」

(東北大学大学院医学系研究科小児病態学)

30. 多田 麻子 
「日本人常染色体劣性網膜変性疾患におけるABCA4遺伝子の解析」

(東北大学眼科)

第十五回(平成17年)

25. 海老原孝枝 「TRPレセプターを介した高齢者の摂食障害改善」

(東北大学医学部老年・呼吸器内科)

26. 井上 寛子

「乳がん症例について検診例と非検診例別に治療経過や
予後を調査する」

(宮城県立がんセンター外科)

27. 金久保 佐知子

「哺乳類の眼発生における神経堤細胞の関与とその幹細胞的特性」

(東北大学大学院医学系研究科 感覚器病態講座眼科学分野)

第十四回(平成16年)

23. 青木 洋子 
「ヌーナン症候群と小児白血病の発症機構に関する研究」

(東北大学小児科)

24. 岡村 智佳子

「内分泌かく乱物質と子宮体がん発生リスクに関する症例対象研究」

(東北大学婦人科)

第十三回(平成15年)

20.小澤 麻紀 
「尋常性乾癬における病態の免疫学的解析」(東北大学皮膚科)

21. 竪山 真規 
「多発筋炎の病態と解明」(東北大学医学部附属病院神経内科)

22. 吉田 寿美子 
「糖尿病とうつ病-うつ実態調査および治療介入研究-」

(東北大学精神神経学分野 講師)

第十二回(平成14年)

19.和田 裕子 
「遺伝性網膜変性疾患の原因解明のための分子遺伝子学的研究」

(東北大学眼科文部科教官)

第十一回(平成13年)

18.杉内 利栄子

「創傷治癒の過程、非観血的な熱傷潰痕・褥瘡の進達度・
改善度の評価法 の確立」

(石巻市立病院皮膚科)

第十回(平成12年)

16.梅澤 昭子 「悪性腫瘍に対腹腔鏡下手術」(東北労災病院外科)

17. 児山 香 

「ヒト大腸全摘後の残存小腸における電解質吸収の
変化についての検討」

(東北大学第一外科)

第九回(平成11年)

15.沼上 克子

「腎透析患者の皮膚機能に関する生体計測工学的手法を用いた検討」

(東北大学皮膚科) 

第八回(平成10年)

14.吉田 康子 
「もやもや病に対する外科治療の研究」(東北大学脳神経外科)

第七回(平成9年)

13.永野 千代子

「初代培養メサンギウム細胞におけるアポトーシスの誘導と腎炎との
関連について」

(国立療養所宮城病院)

第六回(平成8年)

12.遠藤 廣子「反復性中耳炎罹患乳幼児の抗インフルエンザ抗体価」

(東北労災病院小児科)

第五回(平成7年)

10.神部 眞理子 
「衝撃波を用いた癌細胞内への薬剤および遺伝子の導入」

(東北大学加齢医学研究所)

11.江島 晃子

「中枢神経変性疾患における微量元素の病因的役割についての解析」

(東北大学神経内科)

第四回(平成6年)

8.栗原 紀子 「脳動脈瘤の3D-MRIによる評価」(東北大学放射線科)

9.角田 千恵子 「産婦人科領域におけるクラミジア感染症」

(向仁会永井病院産婦人科)

第三回(平成5年)

6.木村 伯子 「内分泌腫瘍の機能分化に関する分子生物学的研究」

(東北大学第二病理)

7.末武 光子 「長引く咳嗽を愁訴とする小児の上気道下気道疾患」

(東北労災病院耳鼻科)

第二回(平成4年)

3.森 洋子 「バセドウ病術後の甲状腺機能に関する因子の検討」

(仙台市立病院外科)

4.田中 美佐子 
「アトピー性皮膚炎患者の環境抗原に対する反応性の検討」

(東北大学皮膚科)

5.岡山 道子 
「気管支喘息における気道過敏性機序の解明」(東北大学第一内科)

第一回(平成3年)

1.目黒 由紀 「高血圧の病態」(東北大学第二内科)

2.山口 慶子 「発達、老化における眼各組織の細胞増殖能の検討」

(東北大学眼科)